言葉の海を揺蕩って

北国に住む読書好きアラサー。

スタマイ3周年&カナメBD

 

カナメが!ついに!二十歳に……!

おめでとう! 

排出率アップ中だったので回したら、10連2回目で来てくれました。

嬉しい♡

 

新しく公開された甘ストも読みました。

 

顔が大人っぽくなって、髪も少しさっぱりして、どことなく慎一郎さんに似てきましたね(笑)

親子だから当然かもしれませんが、成長を感じてしまいました。笑

 

結構年下の設定だけど、今まで読んだスタマイキャラで一番好きかもしれない。

 

以前、宮瀬が沼だと言いました。

実際、宮瀬は沼に違いないと思います。

 

でも……カナメくんすごい好き。

カナメは漢。

 

相変わらず言動が玲ちゃん(主人公)の8コ下とは思えない。笑

 

 

 

 

そして3周年。

 

 

ガチャ。

 

こちらも10連2 回。

2回目でSSRが一気に4枚来ました!笑笑

 

スタマイやってる人には今更?って言われそうですが、レア多いときって、演出?若干ちがうんですね。

気球フィーバーみたいになるの知らなかったです。

 

あと、選べるガチャチケ。

仕組みがわからなかったのですが、

関さん、神楽、荒木田、宮瀬、京介が出て、この中から一人選べと。

選べないwwww

我ながら信じられないくらい悩んで……

宮瀬にしました。

関さんのカードかなり綺麗だし、

神楽可愛すぎだし、

荒木田さんが楽しそうだし、

宮瀬はどうせ沼なんだろって思ったし、

京介はここぞとばかりに腹チラしてくるし……。

 

もう無理ですよね。

だって全部いいんですもん。

 

 

 

イベントをまったりプレイしつつ、次は誰を読もうかな~と思っています。

 

 

 

最近思うのですが、

男性が乙女ゲームを読んだらどんな気持ちになるんでしょう?笑

 

私も男性向けの恋愛ゲームをやってみたい気持ちがあるのですが、何があるのか全然知らなくて。

読み応えがある作品をプレイしてみたいな~なんて思います。

 

 

stand-myheroes.com

 

 

 

では!

 

一大奇書

 

 

 

これはすごい。

 

 

ドグラ・マグラ / 夢野久作

角川文庫

 

f:id:est_24:20190825133436j:image

 

タイトルだけ知っていました。

書店で背表紙が目に留まり、手に取り、まず表紙に驚く私。

どんな話かも分かっていませんでしたが、タイトルと表紙のインパクトと裏表紙の「これを読むものは――一大奇書」

という文言に惹かれ、とりあえず読んでみることにしました。

 

 

上巻は、スカラカチャカポコチャカポコ。

強烈だし衝撃。

彼は結局誰なんだろう、という気持ちで下巻へ。 

下巻は上巻より読みやすく、一気読み。

続きが気になって仕方がない、後どれくらいで真実に近づけるのだろう。

ただそれだけを思い、残りのページの厚さを確認する。

どんどん残りのページが少なくなり、解説まで読み終わる。

結局、よくわからなかった。

翻弄されているのはわかっていた。

分かって読んでいた。

それを楽しんでいた。

 

これは理解しようとして読んではいけない気がする。

 深く読んだら危ないけど、深く読み込ませようとしてくるし、深く読みたくなる。

そして、深く読まないとわからない。

否、深く読んでもわからないかもしれない。

 

読後は結構な疲労感に襲われます(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏に読みたい本

 

暑いですね。

息苦しいくらいです。

 

最近は、図書館で本を予約することも多いのですが、

予約本以外にもつい借りてしまうので、自宅の積読が全く消化できておりません。

今借りているものを読み終えたら、あえて閉館日に返却しようと思っています。

 

私が読む本は、日本の作家さんに偏りまくっているので海外の文学も色々読みたい今日この頃です。

 

そんな偏った私が、夏に読みたい気がする本。

自分用のまとめです。

夏に読んだらいいだろうなあと思ったことがある本。

夏を感じるなあと思う本。

 

 

 

 

プリズムの夏/関口尚

集英社文庫

 

どこか儚く、切なく、爽やかな読後感です。

 

 

 

 

 

砂の女/安部公房

新潮文庫

 

読んでいて閉塞感を感じる作品。

砂だらけです。

どこかにこんな場所があるのではないかと思えてしまうあたりが怖いです。

砂と、生きていくために必要最低限のものしか存在していない世界。

以前に読んだのは秋か冬でした。

ちょっとした怖いもの見たさで、

「これは夏に読んだら最悪だろうな(いい意味で)」と思っていたので、試したいです。

ちなみに、これを読んだときに悪夢を見ました(笑)

 

 

 

 

ソロモンの偽証/宮部みゆき

新潮文庫

 

柏木くんという一人の男子中学生の死をきっかけに色々な事が動いていく長編。

寝不足になりがちな夏のお供に良さそうです。

おそらく、余計寝不足になるはずです。

2度ほど読みましたが、一度読み始めると止まらなくなります。

全部で6巻あります。

 

 

 

 

バッタを倒しにアフリカへ/前野ウルド浩太郎

光文社新書

 

バッタ博士に惚れます。

バッタ一筋。

好きを貫くということは、簡単なようで難しいと思います。

でも貫いている。

バッタアレルギーになろうとも。

図書館本だったのですが、今度書店に行ったら買おうと思っています。

 

 

 

 

銀河鉄道の夜/宮沢賢治

角川文庫

 

賢治の言葉の透明感が大好きです。

また岩手に行きたいな。 

 

 

 

 

檸檬/梶井基次郎

角川文庫

 

短編集です。

どの作品も景色と言葉の色が強く濃くて、夏に読むのにいいなあと思います。

 

 

  

 

 

 今年の夏は、ホラー系も読もうと思っています。

 

 

 

ではでは。

夏だぜ!

 

 

工藤直子さんの詩にかまきりのやつがあったなあと。

夏だぜ!おれは元気だぜ!っていうやつ。

のはらうたシリーズ。

久しぶりに読みたいな。

 

しかし暑いですね。

 

毎年、これを見ると夏が来たな!と感じます(^^)

毎年全部もらっています。

f:id:est_24:20190727172117j:image

新潮文庫さんの団扇可愛い♡

 

 

 

さらざんまい三昧

 

 こんにちは。

 

3連休の方、そうでない方

いかがお過ごしでしょうか。

 

 

dアニメストアに登録しているのですが、

アニメ『さらざんまい』にハマって一気見してしまいました。 

 

 

OP爽やかだし、


KANA-BOON 『まっさら』Music Video

EDめちゃくちゃグラフィック綺麗でエモいし、


【期間限定公開】the peggies 『スタンドバイミー』Music Video

 

 

挿入歌の

『さらざんまいのうた』


TVアニメ『さらざんまい』劇中歌「さらざんまいのうた」PV

 

『 カワウソイヤァ』


TVアニメ『さらざんまい』劇中歌「カワウソイヤァ」PV

 

の中毒性半端ないし。笑

 

 

そして声優さんが豪華。

好きな声優さんがたくさん出演されていたので見始めたのですが……

 

1話見た時は、これは一体……と思って(笑)

 

それからなんとなくじわじわハマって、

先程見終わりました。

出会えてよかったさらざんまい。

 

10話のレオマブで泣きました。

 

最終話でも泣きました。

悠(とおい)の笑顔でやられた。

 

あれ最終的に結局レオマブは生きてるってことですかね?

王子と姫の従者みたいなかんじ?

 

欲望か愛か。

カワウ~~ソイヤァ~

 ちょっと踊ってみたい。

 

最初は、なんじゃこりゃwと思っていましたが

今はもう一回観ようかしら……と思っています。

なんか色々深い気がする。

 

 

ではでは。

 

今更だけど喰種を読んでいて気づいたこと

 

 

私は、石田スイ先生の『東京喰種』が好きです。

久々に無印から読んでいるのですが、気づいたことがあります。

 

reに出てくる組織「黒山羊(ゴート)」って、無印1巻に出てくる

高槻泉の小説のタイトルの一部から来てるのかしらん。

カネキとリゼが読んでいるやつ。

 

あれ?と思って、黒山羊が結成されるre10巻を見たら、

世界は卵のようなもの…

ってエトが言っているのです。

「黒山羊」

『黒山羊の卵』……。

小説のタイトルは「くろやぎ」と読むようですけれども。

もしかしてカネキ、エトの事考えて黒山羊にしたの?

 

見つけた時、わあああ!と思いました(笑)

 

もしかして、作中のどこかでこれに触れられていたりするんだろうか。

私が気づいていなかっただけなのかな。

f:id:est_24:20190610095033j:image

何事も誰かに言われて気づくより、自分で発見できたときのほうがテンション上がりますよね。

そして、誰かに言わずにはいられなくなる。

 

うふふ、スッキリ。笑

 

 

 

 

 

 

DeAGOSTINIの日本刀

 

 

創刊号を買ってみました。

週刊 日本刀 | シリーズトップ

f:id:est_24:20190601124017j:image

 

私は、刀剣乱舞から刀に興味を持ったミーハーです。

 

 

ですが、以前図書館で『刀装具ワンダーランド』という本に出会いまして……

拵えの美しさに心を奪われてしまいました。

 

 

今回のディアゴスティーニの日本刀には、刀装具も載っているんです。

実は半分拵え目当てだったりします。

 

なぜ、こんなにも刀装具に惹かれるのか分かりませんが、本当にときめきます(笑) 

 

今までの人生で、ずきゅーん!!レベルの胸キュンを感じたものは……

・戦闘機(急旋回と排気の匂い)

・シャチ(鴨川でショーを見てなぜかファンになる)

 ・刀装具

 あとは二次元に時々キュンを頂いています。

 

ヒトじゃないし、ヒトでも次元が同じじゃないんだよなあ……。

 

 

はい、話を戻します。

 

今回の日本刀シリーズは全部で101号あるらしく、単純計算するとなかなかいいお値段。

そして、今回創刊号を買って思ったのはサイズが結構大きい。

 

今本棚が全部塞がっていて(今というか年中)、どうにか全部買えたとしても置く場所がない。笑

なので、とりあえず好きな刀剣男士だけ買うことにしました。

 

次に買うのは5号の石切丸です。

忘れないようにしないと。

 

 

ちなみに2号は長光らしいです。